キモノ★キドキ

着物を着ること、食べること、衣・食・住にまつわる、あんなことやこんなこと。

自分を大事にしてみる ~機械編~

年末にせっせと年賀状を作ってくれたプリンター。

調子が悪いのをだましだまし使っていたのがとうとう爆発。

年明けに用紙を巻き上げなくなり、プリンターとしてのお役目が終了。

 

それでも、チラシや名刺を作るのに無くてはならないプリンター。

あれやこれやと悩んで、やっと新しいプリンターを頼んだ翌週。

ケータイの画面に異変が。

画面が写りません。

 

機械音痴の私。

機械トラブルがめっぽう苦手。というか避けて通りたい(笑)

 

ケータイが無い中Googleマップに頼れず、どうにか向った先のPC教室でお次はパソコントラブル。

続く時は続きますね(^^;

 

以前の私であれば、焦ってジタバタもがいたであろうことが容易に想像出来ます。

 

どうにかしたい思いばかりが先行して、でも自分で出来ることはサポートセンターの連絡先を調べて電話をすることくらい。

でも、どうにかしたいものだから頭の中は心配や不安でいっぱい。

 

 ・今まで当たり前のようにあったものが手元にない不安

 ・いつもと同じでない状況への不安や憤り

 

他にも探せば幾らでも出てきそうですが、いわゆるネガティブな思考。

そのネガティブな思考が、本来は自分だけのトラブルだったはずなのに周り(大半は家族)にまで飛び火してしまい、負の連鎖。

 

・・・書いてて嫌になります(-_-;)

 

そこから完全に抜け出せたわけではないけれども、今出来るコトをする。

あとは、

 

 ・流れに任せる

 ・なるようになる

 ・なるようにしかならない

 

そして、

 

 ・自分がどう足掻いても、コントロールできないことがある

 ・諦めることも必要なこと

 

に、紆余曲折の末やっと気付きました。

 

諦めることが出来なかった。

なんだか色々負けを認めるような気がして(笑)

 

自分で思うようにコントロールしたかった。

自己中なのです(^^;

 

『良いか悪いか』

『正しいか正しくないか』

 

ずっと頭で考え行動してきましたが、そこにはどちらでもないものが入る隙が無く。

どちらでもないものを受け入れることが出来て、自分を少し許せたような気がしました。

 

父がよく『えー加減やで。』と私に言うのですが、

大阪弁でいうところの、

 

『えーかげん(適当)にしたらあかんで。』のえー加減ではなく、

『エー(良い)加減』

 

何事も頭で考えてキッチリしようとする私の癖を、『エー(良い)加減(塩梅)にするんやで』と。

 

『そんな適当のこと出来へんわ!』と、言い返すのが定型文のようになっていましたが、当時の私に『充分よく頑張っている。』と伝えてあげたい。

 

あなたはよく頑張りました。

エー加減で生きても良いのです。

 

自分を大事にする方法は、色んなところに潜んでいます(^^)

 

キッチリしたいけど(笑)

f:id:roy-7303-pkbs:20210119092837j:plain