キモノ★キドキ

着物を着ること、食べること、衣・食・住にまつわる、あんなことやこんなこと。

卒業式はお着物で

卒業式の日。

卒業式に向けてお稽古に来て下さっていた生徒さんから着物姿のお写真が届き、息子の卒業式では、袴のお稽古に通ってくれていた女の子が自分で上手に袴を着て歩いている姿を見つけ、朝から何とも幸せな気持ちになりました。

 

みなさま、ご卒業おめでとうございます。

 

そして、我が家の息子も卒業。

f:id:roy-7303-pkbs:20240319085019j:image

いよいよ春から息子は中学生、そして娘は高校生。

 

私が着物を着初めたのは、息子が幼稚園の年長さんになり半年も過ぎた頃。

その頃の私は定年まで働くつもりだった会社を諸々の事情で退職し、半ば放心状態。

そんなもぬけの殻になった私の空っぽを埋めてくれたのが着物でした。

 

あれからもう7年。

毎日とは言わないまでも普段に着物を着るようになり、着物が特別な存在ではなくなった今、それでも特別な日に着る着物はやはり背筋が伸びる思いです。

 

さてこちらは変わって娘の中学校の家庭科の課題の豚のパペット。


f:id:roy-7303-pkbs:20240321083007j:image

f:id:roy-7303-pkbs:20240321083011j:image

顔もなく未完成のまま放置されていたものが、合格発表後、心に余裕が出来たようであっという間に仕上げていました。(もう提出することはないのですけどね)

 

それにしても、何だか楽しんで作っているかと思えば、ポケットとマントまで作ってその中央には『母』の文字。

更には眉はつり上がり明らかに怒り顔。

 

・・・なんでやねん。

 

更に、そのぬいぐるみを見るなり『これ可愛いからちょうだい。一緒に寝るから。』と息子。

 

・・・なんでやねん(笑)

 

完成した豚を見ながら『尻尾までつけた』と嬉しそうにしている娘を見て、受験勉強の間はこんなことをする心の余裕すらなく、それでも仕舞い込んでしまうと二度と何もしないことも分かっていたようで、見える位置に置いていた未完成の豚のパペット。

 

娘が豚のパペットを完成させたように、私もぽっかりと穴が開いた箇所に着物が入り着れるようになりました。

 

沢山持っていることは一見すごいことのように思えますが、本当に必要なものは何なのか。

 

不要なモノを手放して、必要なものを入れる。

 

娘にとって完成品の豚のパペットは不要でしたが、そのモノが必要なのではなく完成させるという行為が必要なもの。

 

春からの新しい環境に向けて、不要なモノを整理し新しいモノが入るように、春休みは良い準備期間だと思います。

(宿題がなくて息子は遊びまくっておりますが(笑))

 

 

◆体験コース90分1,000円、無料相談はこちら

【体験コース】と【無料相談】 - キモノ★キドキ

 

◆お稽古内容はこちら

【着物の着方】お稽古メニュー - キモノ★キドキ

 

◆お着付け料金はこちら

【お着付け料金】 - キモノ★キドキ

 

◆女袴単品のレンタルはこちら

【女袴レンタル】 - キモノ★キドキ

 

◆お問い合わせはこちらから

お問い合わせフォーム - キモノ★キドキ

 

もしくは

【連絡先】

 キモノ★キドキ

 東 沙織

 mail:kidoki.123.kimono☆gmail.com

(メール送信の際はアドレスの☆を@に変えて送信して下さい。

【お稽古】卒業式の装い 袋帯

七五三に向けて名古屋帯のお稽古に通って下さっていたIさん。

引き続き、卒業式に向けて袋帯のお稽古に通って下さっています。

今回は全三回のフォーマルコースの二回目。

f:id:roy-7303-pkbs:20240214131753j:image

バッチリです(^^)

 

お稽古の後、晩御飯の買い出しに行かれたIさん。

長~いレシートを袋帯に見立てて構造を理解してみる!と連絡下さいました。

 

本当に勉強熱心です。

ですので、自ずと一回一回のお稽古の密度が濃ゆく、確実に毎回モノにして帰られています。

今回は少し苦手とおっしゃっていた帯揚げを重点的にお稽古させて頂きました。

 

それにしても、こうしてお稽古させて頂くたびに感じるのは、着付け教室に通っていた頃の私はなんて受け身な生徒だったのだろうかと(^^;

 

やはりどれだけ良い環境に身を置いていても、本人のやる気なくしては上達はせず、となると内から沸き起こる、やってみたい、上手くなりたい、もっと知りたい、という自発的なエネルギーがいかに大切かということをまざまざと感じます。

イヤイヤやらされているお稽古ごとほど辛いものはないですもんね。

 

その点、我が家の子供達の習い事は自分でやってみたいと言い出したものばかりで、ありがたいことに辞めることなくずっと続いています。

唯一、私が習わせたスイミングについては息子は早々に辞めてしまいました。

そんなもんです(^^;

 

自発的にやりたいと思ったことは意外と出来るもので、それは着物も同じ。

着物を着たいと思った時がキドキ。

 

お問い合わせお待ちしております☆

 

 

◆体験コース90分1,000円、無料相談はこちら

【体験コース】と【無料相談】 - キモノ★キドキ

 

◆お稽古内容はこちら

【着物の着方】お稽古メニュー - キモノ★キドキ

 

◆お着付け料金はこちら

【お着付け料金】 - キモノ★キドキ

 

◆女袴単品のレンタルはこちら

【女袴レンタル】 - キモノ★キドキ

 

◆お問い合わせはこちらから

お問い合わせフォーム - キモノ★キドキ

 

もしくは

【連絡先】

 キモノ★キドキ

 東 沙織

 mail:kidoki.123.kimono☆gmail.com

(メール送信の際はアドレスの☆を@に変えて送信して下さい。

お餅を焼くたびに思い出すこと

数年前に知り合いに教えてもらった高槻のお店。

美味しいものが所狭しと並んでいる中で、年末になると毎年購入しているのがこちら。

f:id:roy-7303-pkbs:20240124151805j:image

お餅からあんこが出てきて食べてしまったの図(笑)

 

今回購入したのは初めてのあんこ入りのゴマ餅。

どれを食べてもやはり美味しい❤

更に嬉しいことにあんこの中に栗が入っていました。

 

毎年このお餅を楽しみにしているとお店で意気投合したおばちゃんと話していると、それを聞いていたお店の方から『どんどん宣伝してー!』とのこと。

 

高槻市アルプラザ近くの食料品 田村さん』

お店の場所は知ってはいたものの名前を知らず、今調べて初めて知りました(笑)

 

昔ながらの店内には乾物やお漬物、お野菜お豆腐など、美味しそうな食材が所狭しと並んでおり、ついついあれやこれやと欲張ってしまいそうになります。

 

さて、そんな美味しいお餅を焼きながらいつも思い浮かぶのはお餅が大好きなおばあちゃんのこと。

 

えべっさんの日に生まれたおばあちゃんは、えべっさんのまんま。

いつも笑っている顔しか思い浮かばず、今年の1月10日で96歳になりました。

f:id:roy-7303-pkbs:20240124151809j:image

息子専用の七福神ならぬ四福神。一番右手がえべっさんです。

 

そして、その8日後にこの世を去りました。

認知症が進んでからのおばちゃんは、当時ショートカットだった私に『あんた男の子みたいやな。』がお決まりで、それでもまだまだ元気なおばあちゃんに会えるのが嬉しく、忘れられても私のおばあちゃん。

まだまだ元気でいてくれるのだろうと思っていましたが、寄る年波には勝てず、母から余命一週間の連絡をもらい、私が会いに行った翌日に亡くなりました。

 

寝たきりで、目は開いてはおらず喋ることも出来ない状態でしたが、それでも気付けば私はベッドの傍らで一人ずっと喋っており、あとから娘に聞いたことですが、人間の感覚で最後までの残るものが聴覚だとのこと。(娘はピアノの先生に教わったそうです。)

応答がなくとも、聞こえているのだそうです。

 

私の他愛ない話しをいつも笑いながら聞いてくれたおばあちゃん。

最後の最後にひたすら喋り続ける私の話しでどこかでクスッと笑ってくれていたら嬉しい。

笑える話をしていたかどうかは覚えていませんが(^^;

 

いつも美味しいご飯を作ってくれたおばあちゃん。

糊がパリッと効いたシーツを用意してくれていたおばあちゃん。

我が家のトイプーを『人形やと思ってた。』と心底ビックリしていたおばあちゃん。

そして、着物が大好きだったおばあちゃん。

 

あなたの遺伝子を私は確実に引き継いでおりますよ。

シーツは洗いっぱなしでシワシワですが(笑)


おばあちゃん、ありがとう。

初七日が過ぎての私のひとりごとでした。

 

みなさま、良い週末を☆

 

 

◆体験コース90分1,000円、無料相談はこちら

【体験コース】と【無料相談】 - キモノ★キドキ

 

◆お稽古内容はこちら

【着物の着方】お稽古メニュー - キモノ★キドキ

 

◆お着付け料金はこちら

【お着付け料金】 - キモノ★キドキ

 

◆女袴単品のレンタルはこちら

【女袴レンタル】 - キモノ★キドキ

 

◆お問い合わせはこちらから

お問い合わせフォーム - キモノ★キドキ

 

もしくは

【連絡先】

 キモノ★キドキ

 東 沙織

 mail:kidoki.123.kimono☆gmail.com

(メール送信の際はアドレスの☆を@に変えて送信して下さい。

【お稽古】小学生さん袴とDIY二重窓

年明け早々のお稽古は小学生さんの袴の着付けからスタート。


f:id:roy-7303-pkbs:20240124065212j:image

f:id:roy-7303-pkbs:20240124065215j:image

成人式も無事に終わりホッと一息。

 

『家で全然練習してへん。』

『着方覚えてないかも・・・。』

 

などなど、口ではそんなことを言いつつも自分で着れるようになった袴。

頼もしい限りです(^^)

あとはお母様方に一度お稽古模様を見ていただいて、万が一の手助けポイントをお伝えすれば当日の不安要素も払拭ですね。

 

さて、こちらは変わって我が家の至る所にあるルーバー窓。

f:id:roy-7303-pkbs:20240124065323j:image

冬場の隙間風の寒いことよ。

 

玄関側にある大きいサイズの窓ですが、北側ということもあって、まぁ寒いことこの上なく。

で、このルーバー窓が脱衣所にサイズ違いで3つもあり、これがまた寒いのなんのって。。。

で、主人の年始に決めた目標がまさかの『家の窓を二重窓にすること』だったこともあり、ありがたいことに早速作ってくれました。

 

それがこちら。
f:id:roy-7303-pkbs:20240124065326j:image

結構大変そうでしたが、とりあえず一番小さな窓が2重窓となり寒さが軽減されました。

ありがたし!(残りの窓もよろしく(笑))

 

我が家は築40年越えの中古の一軒家。

サッシはアルミで結露はするわ、ルーバー窓だらけで隙間風も多く、更にははめ殺しのどでかい窓が全部屋にあり小窓もセット、そしてサンルームも窓だらけの窓屋敷(笑)

(ついでに天窓が2カ所もあります。)

おまけに玄関ドアは木製で隙間風とお友達、と快適さとは全く真逆の家に住んでおりますが、快適さだけではかれないものがあるなと住んでみて実感しております。

 

自分の好きは、毎日の生活に多大な影響があり、であれば好きな場所、モノなどの環境要因は自分を作る上で大きな土台になると思います。

 

小学生さんが袴のお稽古中に、『着るのは邪魔くさいし、畳むのも邪魔くさい、洋服を脱ぐのも邪魔くさいけど、袴は可愛いから着たい❤』

と、メチャクチャ真実をついたことを喋っていました。

 

嫌な事、苦手な事はあるかもしれないけど、自分の好きの為にやる。

好きな事ばかりでは生きていける世の中ではないからこそ、そういったところと折り合いをつけて生きていけることはとても大事だと思います。

 

好きのエネルギーは強いなと感じた年明けの出来事でした。

 

さて、着物好きさん、よってらっしゃい(笑)

 

 

◆体験コース90分1,000円、無料相談はこちら

【体験コース】と【無料相談】 - キモノ★キドキ

 

◆お稽古内容はこちら

【着物の着方】お稽古メニュー - キモノ★キドキ

 

◆お着付け料金はこちら

【お着付け料金】 - キモノ★キドキ

 

◆女袴単品のレンタルはこちら

【女袴レンタル】 - キモノ★キドキ

 

◆お問い合わせはこちらから

お問い合わせフォーム - キモノ★キドキ

 

もしくは

【連絡先】

 キモノ★キドキ

 東 沙織

 mail:kidoki.123.kimono☆gmail.com

(メール送信の際はアドレスの☆を@に変えて送信して下さい。

高槻えびす 残り福で早速の福!?

お稽古が終わり、急いで子供達の晩御飯。

習い事へ送り出し、向った先は野見神社境内の高槻えびす祭。

昨年、面白い流れで福笹をいただくこととなり、今年もいただきに上がれたらと思っていたところ主人が早く帰ってきてくれ、ありがたいことに連れて行ってくれました。

f:id:roy-7303-pkbs:20240112150107j:image

(めっちゃ立派!)

 

残り福の福笹ですが、私の番になって何故だか500円を値引いてくれました。

更に、せっかくだから福娘さんが持ってっている笹を頂かれたら良いですよと、これまたその場にいた中では私だけが福娘さんから直接笹を頂くことが出来、新年早々のおみぐじが末吉だった私にはありえない幸運(笑)

 

それにしても、昨年よりも明らかに大きいサイズにちょっとテンションが上がってしまいます(^^)

 

お稽古終わりのウールの着物の上にポンチョを羽織った普段着物でメチャクチャ立派な福笹を持って意気揚々と歩いていた私。

昨日はお化粧時に日焼け止めと思っていたものが間違えてファンデーションを出してしまっており、せっかくなので(もったいないので(^^;)そのままメイクをしましたが、きちんとメイクをしたのは5年以上も前のこと。

図らずも、着物を着てキチンとお化粧をした格好での参拝となり、良い流れとなりました(^^)

 

福笹とは別に御祈禱料の千円をお納めし、撤下品としていただいたのがこちらの2点。
f:id:roy-7303-pkbs:20240112150110j:image

左のパッケージはドリップコーヒー。
f:id:roy-7303-pkbs:20240112150114j:image

販売者欄に記載されている(有)ウェストフィールドの住所が高槻市になっていることが気になり調べてみたところ、高槻市では有名な自家焙煎コーヒー店のMOUNTAINさんでした。

高槻&珈琲好きとしてこれは嬉しい❤

 

福笹を頂く際、領収書は必要ですかと聞かれ咄嗟にいりませんと答えましたが、いつかは税金を払えるくらいになりたいなと、ふと思いました。

(正社員の時は、税金や保険料の差引額にウゲッとなっていた一人ですが(笑))

 

そんな流れの中、帰り道に早速来春の成人式のお着付けのご依頼を頂き、これは早速残り福効果!?とビックリしましたが、すでに来年の成人式に向けて練習しており、出来る事をコツコツと。

 

継続は力なり。

 

みなさま良い週末を☆

 

 

◆体験コース90分1,000円、無料相談はこちら

【体験コース】と【無料相談】 - キモノ★キドキ

 

◆お稽古内容はこちら

【着物の着方】お稽古メニュー - キモノ★キドキ

 

◆お着付け料金はこちら

【お着付け料金】 - キモノ★キドキ

 

◆女袴単品のレンタルはこちら

【女袴レンタル】 - キモノ★キドキ

 

◆お問い合わせはこちらから

お問い合わせフォーム - キモノ★キドキ

 

もしくは

【連絡先】

 キモノ★キドキ

 東 沙織

 mail:kidoki.123.kimono☆gmail.com

(メール送信の際はアドレスの☆を@に変えて送信して下さい。

辰年 仕事始め

辰年初めのお仕事は、ありがたいことに成人式のお着付け(^^)

今日からお稽古の再開です。

f:id:roy-7303-pkbs:20240109160028j:image

氏神さんでいただいてきた干支の置物と七社参りで揃った七福神。宝船に乗っているのがツボです。)

 

年末詣に初詣。

毎年代わりのない我が家の行事。

f:id:roy-7303-pkbs:20240109160810j:image

 

ただ、当たり前のことが当たり前ではないことを思い知らされた辰年の初め。

 

本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

 

◆体験コース90分1,000円、無料相談はこちら

【体験コース】と【無料相談】 - キモノ★キドキ

 

◆お稽古内容はこちら

【着物の着方】お稽古メニュー - キモノ★キドキ

 

◆お着付け料金はこちら

【お着付け料金】 - キモノ★キドキ

 

◆女袴単品のレンタルはこちら

【女袴レンタル】 - キモノ★キドキ

 

◆お問い合わせはこちらから

お問い合わせフォーム - キモノ★キドキ

 

もしくは

【連絡先】

 キモノ★キドキ

 東 沙織

 mail:kidoki.123.kimono☆gmail.com

(メール送信の際はアドレスの☆を@に変えて送信して下さい。

【お稽古】小学生さん 袴の練習3回目

毎回色々な話しをしてくれるMちゃん。

あーだこーだと色々話をしながら、これは最後の袴まで着れそうな感じ。

着ていただきました!

f:id:roy-7303-pkbs:20231222113052j:image

細かいところは言い出せば色々あるのですが、誰しも最初は初心者。

まずは自分で着れる!と感じてもらうことが一番大切。

 

そーなんです。

誰でも着れちゃうのですよ。

細部をあーだこーだといじらなければ。

細かいところも大事ですが、一番最初の願いは何なのかと思い出してみると、自部で着物を着ること。

 

ここをおざなりにしてしまったら、いつまでたっても出来ないところばかり探し出しますしね。

これは昔の私に話しかけるように書いています(笑)

 

初心忘るべからず

 

大事な事です。

 

さて、今月もなんやかんやと着物を着て、お稽古をさせて頂き、他にも私がこれからしようとしていることでお声がけを頂き、気付けば今日は学校最終日。

明日から子供達は冬休みです。

2023年はここ数年の中でも群を抜いて月日が経つのが早かった。

 

それも色々な方面でご縁を頂けたからこそ。

そんな中、少し時間が出来たので一人神戸まで自転車と一緒に年末詣でに行って参りました。

f:id:roy-7303-pkbs:20231222114555j:image

楠公さん!

 

家族からは完全に白い目で見られておりますが、私が愛してやまない楠木正成公こと楠公さんの銅像と一緒に写っているのは私の愛車。

 

せっかくなら馬に跨っている楠公さんのポージングのように、私も自転車に跨って一緒に写真を撮りたかったというと、『自撮り棒買ったら』と家族の冷たい反応(笑)

 

さてこちらは受験生の娘に(ちゃっかり私の分もありますが(笑))頂いてきた楠公さんが御祭神の湊川神社の縁結び守。

f:id:roy-7303-pkbs:20231222113048j:image

こちらの水引の可愛いお守り、今までの参拝でお目にかかった記憶がなく、HPで調べてみると令和5年お正月からの授与品になるようで、一足お先に福を頂いたようなありがたい気分。

 

娘がご縁を結べる高校に入学できますように。

 

今年も残すとことあとわずかですが、今年の目標に少しでも近づけるよう最後まで往生際悪く足掻きたいと思います(笑)

 

みなさま良いクリスマスを☆

 

 

◆体験コース90分1,000円、無料相談はこちら

【体験コース】と【無料相談】 - キモノ★キドキ

 

◆お稽古内容はこちら

【着物の着方】お稽古メニュー - キモノ★キドキ

 

◆お着付け料金はこちら

【お着付け料金】 - キモノ★キドキ

 

◆女袴単品のレンタルはこちら

【女袴レンタル】 - キモノ★キドキ

 

◆お問い合わせはこちらから

お問い合わせフォーム - キモノ★キドキ

 

もしくは

【連絡先】

 キモノ★キドキ

 東 沙織

 mail:kidoki.123.kimono☆gmail.com

(メール送信の際はアドレスの☆を@に変えて送信して下さい。)