キモノ★キドキ

着物を着ること、食べること、衣・食・住にまつわる、あんなことやこんなこと。

【お稽古】2回目 着物を着る

2週間に1回お稽古のKさん。

前回のお稽古から家で長襦袢の練習をされてきたとのこと。

長襦袢は難なくスイスイと。

今日は着物の胸紐までを一緒に着てみました。

f:id:roy-7303-pkbs:20200925145316j:image

ストーブと扇風機が混在している我が家。

・・・カオス(笑)

 

さて、前に回ってこちらは衿合わせ。

f:id:roy-7303-pkbs:20200925145301j:image

綺麗ですね。

 

あとはここまでの手順を一緒に練習、最後は一人で練習して、着方の流れを身体に頭にそして手に馴染ませます。

 

そんな練習をしている傍で、TVの画面に映っているのはトトロ。

鑑賞している方はこの方。

kさんのお子さんのNちゃん。

f:id:roy-7303-pkbs:20200925145325j:image

そして、その傍らの黒い物体は我が家の犬君。

Nちゃんが座っている椅子を半分こ(笑)

 

え~風景です(^^)

 

のんびりとした雰囲気でお稽古は進んでおりますが、確実に自分で着物が着れるようになります(^^)

 

楽しみです☆

 

 

【チラシ価格】着付けのお稽古 - キモノ★キドキ

【チラシ価格】フォーマルレッスン - キモノ★キドキ

【お着付け料金】 - キモノ★キドキ

 

 

お問い合わせはこちらから。

お問い合わせフォーム - キモノ★キドキ

 

もしくは、

【連絡先】

 キモノ★キドキ

 東 沙織

 mail:kidoki.123.kimono☆gmail.com

(メール送信の際はアドレスの☆を@に変えて送信して下さい。)

 

【地元北摂 茨木】乾物屋スモールさん

家族でサイクリングの週末。

山間部をゼーゼーハーハーと、向った先は乾物屋スモールさん。
f:id:roy-7303-pkbs:20200928101502j:image

この坂は、あまりの急斜面にもう断念。

歩きます。
f:id:roy-7303-pkbs:20200928101432j:image

本日のナビゲーター(主人)が迷いに迷って1時間半。

やっと着きました!
f:id:roy-7303-pkbs:20200928101522j:image

うっかりお店の外観をとり忘れてしまいましたが、古民家を改装された一区画がスモールさんのお店です。
f:id:roy-7303-pkbs:20200928101450j:image

 

この木の棚も、陳列されているぎゃらりー岡村さんのお茶(とても美味しいのです。)も懐かしく、
f:id:roy-7303-pkbs:20200928101439j:image

必要な量だけ購入できる、乾物の量り売りにどれだけお世話になったことか❤
f:id:roy-7303-pkbs:20200928101446j:image

京都へんこ山田さんのごま商品や玄米ビーフンに古代米も以前のお店と同様、取り扱いがありました。
f:id:roy-7303-pkbs:20200928101519j:image

お米の販売も以前同様取り扱いがあり、自転車でなければ購入して帰りたかった(^^;
f:id:roy-7303-pkbs:20200928101454j:image

汗だく息子、読めない漢字に顔をしかめるの図。

 

今回、とっても気になったのがこちらの商品。
f:id:roy-7303-pkbs:20200928101443j:image

茨木 千提寺付近の『このへんの野草茶』

このへん・・・って(笑)

店長まどかさんらしいネーミングに、おもわずほっこりじんわりするのも久し振り。

 

そんな大好きなまどかさんと息子。

f:id:roy-7303-pkbs:20200928101458j:image

この方に、このお店に、私は三年間本当にお世話になったのだと実感です。

 

こちらはお店から見たフリースペースの風景。

f:id:roy-7303-pkbs:20200928101508j:image

いい風景です❤

 

こんな素敵な場所を作られたのは、一般社団法人『みずとわ』さん。

https://www.facebook.com/ippanshadanhoujin.mizutowa/


f:id:roy-7303-pkbs:20200928101436j:image

黒板塗装された引き戸にとても興味深いことが書かれていました。

 

『人間はうんこ製造機 ~それ以上でも、それ以下でもない』

 出して ⇒(作物が)育って ⇒(体内に取り)入れて

 ⇒また、出す!

 

昔は当たり前のようにあった、循環。

無駄の無い美しい循環。

循環が当たり前の社会となれば、ゴミになるものなんて何一つないですね(^^)

 

さて、今回購入したモノはこちら。
f:id:roy-7303-pkbs:20200928101516j:image

 

 ・国産リンゴ100%のジュース

 ・米粉のプリンの素

 ・もちキビ 50g

 ・玄米珈琲

 ・化学調味料不使用 カレーの壺

 

高槻から移転された乾物屋スモールさんは、自転車で行くにはなかなかハードルの高い場所にありましたが、(ロードバイクの方であればあの坂道も、この坂道もどれも楽しい坂道だと思います❤)大好きな自転車に乗って、大好きなお店に行けると思えば、楽しい道中だと思います(^^)

 

とか言いながらも、『次は車で行きたい。。。』のが本音(笑)

 

 

【チラシ価格】着付けのお稽古 - キモノ★キドキ

【チラシ価格】フォーマルレッスン - キモノ★キドキ

【お着付け料金】 - キモノ★キドキ

 

 

お問い合わせはこちらから。

お問い合わせフォーム - キモノ★キドキ

 

もしくは、

【連絡先】

 キモノ★キドキ

 東 沙織

 mail:kidoki.123.kimono☆gmail.com

(メール送信の際はアドレスの☆を@に変えて送信して下さい。)

【プランター農園】根菜類の発芽

種蒔きから5日目の朝。

f:id:roy-7303-pkbs:20200922100524j:image

 

今更ですが、種の生きる力をまざまざと目にした感じ。

スーパーでは野菜という完成系でしか目にしない為、ついつい本来の姿を忘れてしまいますが、元はエネルギーの詰まった種が母なる大地(ホームセンターで購入した土ですが(^^;)の元、太陽(火)と水のエネルギーをで育つ。

 

土・火・水のエネルギー。

 

普段当たり前のように目にしているが故に、その素晴らしさに気付きませんが、気付きだすと目の周りには素晴らしいことや面白い事が沢山あると気付かされます。

 

こちらはごほう。まだ芽が出てきていません。
f:id:roy-7303-pkbs:20200922100516j:image

 

左側の大根と、中央の黒丸大根は少し発芽。

右端の人参はまだのようです。
f:id:roy-7303-pkbs:20200922100509j:image

 

こちらのプランターの人参も発芽の気配を感じません。
f:id:roy-7303-pkbs:20200922100513j:image

 

プランターという小さな限られた世界の中で、色々な化学反応(土、微生物、水、太陽などなど)が種にどういった影響をもたらすのか。

もちろん、大前提の気温や空気も欠かせません。

 

家族4人分の自給自足には程遠いプランター農園ですが、それでも楽しいプランター農園。

 

理想は大きく、現実は出来るところからコツコツと☆

 

 

【チラシ価格】着付けのお稽古 - キモノ★キドキ

【チラシ価格】フォーマルレッスン - キモノ★キドキ

【お着付け料金】 - キモノ★キドキ

 

 

お問い合わせはこちらから。

お問い合わせフォーム - キモノ★キドキ

 

もしくは、

【連絡先】

 キモノ★キドキ

 東 沙織

 mail:kidoki.123.kimono☆gmail.com

(メール送信の際はアドレスの☆を@に変えて送信して下さい。)

子供と共に成長する日々

先週末のピアノの発表会。

子供2人と私の3人で連弾。

 

そもそものことの発端は、月日を遡ること半年前。

 

ピアノの先生から

 

『3人で連弾するのに良い曲があるんです❤️』

 と言われ、てっきり3人目は先生だろうと

 

『是非に❤️』

と即答したところ、3人目はまさかの私(笑)

 

楽譜は読めるものの、弾くと読めるは全く別。

 

子供達に『そこ、音、間違えてるで!』だなんてエラそうなことを言いながらも、じゃあ弾けるのかというと、もうすでに私の弾けるレベルを越してしまった2人。

 

 相手の音を聞くこと

 間を合わせること

 指のタッチ

 指使い

 

昔々に一人で弾いていた頃とは違う新たな発見。

そしてこれは全く予想していなかった音を重ねる楽しさ。

音の流れに乗り、指が弾み、身体中から沸き起こる躍動感!

三人の音が、呼吸がピタリと合った時の何とも言えない爽快感!

 

当日、ドキドキしなかったといえば嘘になりますが、私は一人ではなく三人の中の一人。

 

 不安は3分割

 弾き終わった後の達成感は3倍

 楽しかったことも3倍

 

まるで団体競技のよう。

 

一人で出来るコト。

一人では出来ないコト。

 

一人では出来ない楽しさを、たった数か月ですが子供達から教わりました。

 

その日、祝杯をあげたレストランからの景色。

f:id:roy-7303-pkbs:20200923075738j:image

 

・連弾の機会を作って下さった先生

・一緒に連弾をした子供達

・12年間、エレクトーンを習わせてくれた母

 

全ての人に感謝☆

 

私一人で出来るコトはたかだか知れており、であれば共に学び、共に成長すれば良い、と気付いた一日となりました。

 

みなさま、良い週末を☆

 

 

【チラシ価格】着付けのお稽古 - キモノ★キドキ

【チラシ価格】フォーマルレッスン - キモノ★キドキ

【お着付け料金】 - キモノ★キドキ

 

 

お問い合わせはこちらから。

お問い合わせフォーム - キモノ★キドキ

 

もしくは、

【連絡先】

 キモノ★キドキ

 東 沙織

 mail:kidoki.123.kimono☆gmail.com

(メール送信の際はアドレスの☆を@に変えて送信して下さい。)

 

まだまだ活躍!小千谷縮

朝夕は随分と涼しくなってきたことだし、遠州木綿の着物を着ようかと思いつつも手にした綿麻小千谷の着物。

f:id:roy-7303-pkbs:20200923091929j:image

 

日中はまだまだ暑く、何気なく選んだものの大正解。

ただし、暑いと言ってもさすがに夏っぽい色見の着物を着る気にはなれず・・・。

となると秋口に着れる、落ち着いた色味の綿麻着物はとても重宝します。

 

着物:小千谷縮(綿麻)

着物下:半襦袢、東スカート、シルクのステテコ

帯:博多名古屋帯(リサイクル品)

 

それにしても、この生活感アリアリの縞の綿麻着物に、リサイクル品のありふれた博多帯がやけに落ち着きます。

全く華やかではなく、『これぞ普段着!』な恰好ですが、背伸びするでなく身の丈にあった着物。

 

無理をしないのが、継続できる秘訣です☆

 

 

【チラシ価格】着付けのお稽古 - キモノ★キドキ

【チラシ価格】フォーマルレッスン - キモノ★キドキ

【お着付け料金】 - キモノ★キドキ

 

 

お問い合わせはこちらから。

お問い合わせフォーム - キモノ★キドキ

 

もしくは、

【連絡先】

 キモノ★キドキ

 東 沙織

 mail:kidoki.123.kimono☆gmail.com

(メール送信の際はアドレスの☆を@に変えて送信して下さい。)

 

 

 

【プランター農園】根菜の種まき、植え付け

とある日の曇天。

庭いじりにはとても良い天気。

購入していた深型のプランターに根菜の種まきです。

f:id:roy-7303-pkbs:20200917134208j:image

 

まず、底に鉢底石を敷き詰め、その上にアイリスオーヤマ ゴールデン粒状培養土(14L)を3分割。プランターの容量が多い為、軽い培養土(10L)を1袋づつ入れてみてもまだまだこんなに余裕があります。
f:id:roy-7303-pkbs:20200917134126j:image

不足している分は、培養土を足していき
f:id:roy-7303-pkbs:20200917134211j:image

プランターの深さが必要な、ニンジン、大根、ゴボウを植え付けました。
f:id:roy-7303-pkbs:20200917134215j:image

こちらはじゃがいも。
f:id:roy-7303-pkbs:20200917134204j:image

 

他にもベビーリーフやハーブを浅型のプランターに蒔いて、あとは発芽を楽しみに日々プランターの確認です。

 

少し前までイチゴの苗を植えていたプランターの土を掘り起こすと、ミミズがニョロニョロと数匹こんにちは。

野菜を作る側からしたら何ともありがたい益虫のミミズ。

どこからともなく現れて、見えないところで土作りのお手伝い。

縁の下の力持ちです。

 

こんな何気ないことですらも、自然の偉大さを感じ、改めて自然に生かされていることを実感します。

 

 

【チラシ価格】着付けのお稽古 - キモノ★キドキ

【チラシ価格】フォーマルレッスン - キモノ★キドキ

【お着付け料金】 - キモノ★キドキ

 

 

お問い合わせはこちらから。

お問い合わせフォーム - キモノ★キドキ

 

もしくは、

【連絡先】

 キモノ★キドキ

 東 沙織

 mail:kidoki.123.kimono☆gmail.com

(メール送信の際はアドレスの☆を@に変えて送信して下さい。)

子供の成長、羽をもぐことなかれ

朝からアクシデント続きの滋賀の空。

f:id:roy-7303-pkbs:20200922081600j:plain

 

ホッと一息見上げた空は素晴らしく。

 

週末恒例の、娘の習い事の付き添いで大津市へ。

ところが朝からアクシデント続きで同じ電車に乗れず、娘から遅れること30分。現地集合となりました。

 

 ・まだ小学生。

 ・一人で滋賀県まで電車になんて乗せられない。

 ・更に最寄駅から徒歩20分の場所まで一人で歩いてだなんて、無理。

 

などなど、親としては想定できる色々なアクシデントを見越して、もちろん家から現地までの付き添い。

 

でもそんな私の心配をよそに、

 

 ・一人で初めてバスに乗り、

 ・一人で初めて滋賀県まで電車を乗り換え、

 ・そして現地まで徒歩20分。時間通りに到着。

 

出来るのです。

 

飛び立つ羽は充分に準備が出来ていて、ただその羽を広げるきっかけがなかっただけ。

私の心配という名の過保護の元、羽を広げる機会を奪っていたのではないかと思います。

 

最悪のアクシデントが、最高の出来事となりました。

 

起こった出来事をどう捉えるのか。

自分の予定に反する出来事は、アクシデント。

ただ、予定はあくまで予定に過ぎず、したい事の為にそのアクシデントにどう対処するのか。

 

今回のことを例にするのであれば、

 

 ①アクシデントが起こった⇒予定をキャンセルする

 

 ②アクシデントが起こった⇒そのアクシデントの元をただす⇒予定の時間に遅れる

 

 ③アクシデントが起こった⇒時間に遅れない為に、どういう手段をとるのか?

 

色々なパターンは考えられますが、娘がしたい事は遅れずに目的地に行くこと。

であれば、未知の経験、『一人でバス・電車に乗る』

 

不安を考えると不安しか見えず、その不安が不安をまた呼び寄せることに。

ただ、不安を不安と捉えるのか、どうすればその不安を克服出来るのか、考え行動すれば見える景色は不安ではなく、『挑戦した!』に変わり自信に繋がります。

 

自分の出来るを一つ増やし、また一つ自信がついた娘。

 

その後のカルタ大会は、初出場ならではの様々なドラマがありましたが、そんな出来事も前に進む為の必要な出来事。

 

今朝もカルタを払う音が家中に響いております(笑)

 

 

【チラシ価格】着付けのお稽古 - キモノ★キドキ

【チラシ価格】フォーマルレッスン - キモノ★キドキ

【お着付け料金】 - キモノ★キドキ

 

 

お問い合わせはこちらから。

お問い合わせフォーム - キモノ★キドキ

 

もしくは、

【連絡先】

 キモノ★キドキ

 東 沙織

 mail:kidoki.123.kimono☆gmail.com

(メール送信の際はアドレスの☆を@に変えて送信して下さい。)