キモノ★キドキ

いつでも着たい時が、キドキ。新しいことを始める時のドキドキ、ワクワクする気持ち。一緒に着物楽しみましょう♪

阿波しじらに博多帯で初出勤

気持ち、帯だけ変えていますが毎度の阿波しじら。

f:id:roy-7303-pkbs:20200702091438j:image

 

とってもわかりにくいですが、帯揚げが蜘蛛の巣柄で初おろし。

小さなことでも、こんな楽しみはても大事です。

 

曇り空の中、着物には良い天気と思えどもやはり30度近いと汗ばみます。

こんな時期こそ麻の長襦袢をおろしたいと思いつつも、半襟をチクチクする針仕事。

どうにも気が進みません。

これでも和裁を少しだけ習っていたんです(笑)

 

今日は着物のお仕事の研修で、せっかくならばと着物で出勤。

帰りは高槻市のパン屋さん(有)パラダイス&ランチによってお昼ゴパン。

f:id:roy-7303-pkbs:20200702170737j:image

 

 ・この時期ならではのレモンとクリームチーズのパン

 ・くるみやドライフルーツが沢山入ったセーグルフリュイ

 

美味しいパンにアールグレイのミルクティーで、疲れが吹っ飛びました。

 

着物を着るとやはり涼しい着物が欲しくなり、麻の着物を物色しております。

今週末は楽天のお買い物マラソン

すでにセールの始まっているお店もありますし、ポチっとが勢いづきそうでドキドキ、いやハラハラします(笑)

 

 

お問い合わせはこちらから。

お問い合わせフォーム - キモノ★キドキ

 

もしくは、

【連絡先】

 キモノ★キドキ

 東 沙織

 mail:kidoki.123.kimono☆gmail.com

(メール送信の際はアドレスの☆を@に変えて送信して下さい。)

 

【梅仕事】梅干し 紫蘇漬けその後

今年初めて漬けた梅干し4瓶。

マイレシピがあるわけでも無く、それならばと赤紫蘇の分量を全て変えて漬けてみました。

f:id:roy-7303-pkbs:20200701153159j:image

 

一番左から

 

 ・赤紫蘇2ワ

 ・赤紫蘇1ワ

 ・赤紫蘇2袋

 ・赤紫蘇1袋

 

たまたまですが、梅を漬けたのが2日おき。そして、7日〜10日後に紫蘇漬け。

 

何事も実験。

トライアンドエラーの繰り返しで、我が身にすり込んでゆきます。

 

来年初めて口にする梅干しは、どの瓶がお気に召すやら。

今からすでに楽しみです☆

 

お問い合わせはこちらから。

お問い合わせフォーム - キモノ★キドキ

 

もしくは、

【連絡先】

 キモノ★キドキ

 東 沙織

 mail:kidoki.123.kimono☆gmail.com

(メール送信の際はアドレスの☆を@に変えて送信して下さい。)

【プランター農園】 ストチュウ水

農薬を使わず、出来るだけ化学肥料も使わず、循環型の菜園が出来ないかと色々調べて出会った竹内 孝功さんと安藤 康夫さんの本。

f:id:roy-7303-pkbs:20200622152322j:plain

 

私のプランター農園の指南書です。

さて、その指南書で気になる箇所を見つけました。

 

ストチュウ水

blog.goo.ne.jp

 

『ストチュウ水とはなんぞや?』

については、下記、竹内さんのブログより抜粋です。

 

ストチュウというと、酢と糖、焼酎、そしてニンニク、トウガラシを混ぜて農薬の代わりに、自然農薬として虫退治のために使用するイメージが強いですが、実際、アブラムシなどが来てからかけてもそれほど威力はなく、効果のほどはわかりません。
病虫害になってから農薬をを使っても効かないと聞きますので、ストチュウが効かないのもうなずけます。

うちでは、ストチュウは農薬の代わりではなく、苗や野菜に雨水の代用品として、健康ドリンクのように、若い元気なうちに活用したり、夏の雨のない時期に、夕立の代わりに葉面散布して葉を洗うのに使っています。

 

農薬は使いたくなく、そして出来るだけ化学肥料も使いたくない。

そんな私の悩みにストチュウ水はうってつけのような気がして、早速作ってみました(^^)

 

 

【用意するモノ】

 ・焼酎 1ml

 ・木酢液(もしくは竹酢液)1ml

 ・醸造酢 1ml

    ・水 1リットル

 ・スプレーボトル

 

   ・ 昼寝中のワンコ(笑)

 

f:id:roy-7303-pkbs:20200629130941j:image

 

スプレーボトルはダイソーで面白い商品を見つけたので買ってみました。

 

園芸用噴霧器 お値段300円也。

f:id:roy-7303-pkbs:20200629131803j:image

ボトルに分量の材料を入れたらあとは苗に直接かけるだけ。

f:id:roy-7303-pkbs:20200629133653j:image

 

 ついでに、実が生っていたミニトマトを収穫。

f:id:roy-7303-pkbs:20200629133724j:image

 

チョイと食べかけ、そして画像がやたらと暗いですが、その日の晩のカレーの付け合わせに。
f:id:roy-7303-pkbs:20200629133720j:image

 

サバカレー。

なすびにひよこ豆、青えんどう豆、レッドキドニー、ニンジン、赤ピーマンにレッドアーリーと隠し味に梅酒ジャムを入れまして簡単ドライカレーの出来上がり。

 

いつかは、この簡単カレーの野菜は全て自家製が夢です。

 

 

お問い合わせはこちらから。

お問い合わせフォーム - キモノ★キドキ

 

もしくは、

【連絡先】

 キモノ★キドキ

 東 沙織

 mail:kidoki.123.kimono☆gmail.com

(メール送信の際はアドレスの☆を@に変えて送信して下さい。)

 

1年も半分が過ぎました。夏越の大祓

『疫病退散』

f:id:roy-7303-pkbs:20200629140038j:image

昨年までは今ひとつ実感のなかった四文字。

f:id:roy-7303-pkbs:20200629141234j:image

 

今年はお隣の茨木市にある佐奈部神社で人形祓えをお願いしました。

f:id:roy-7303-pkbs:20200629140521j:image

 

そんな半年に一度の、清め祓いの日の三時のオヤツは『水無月』です。

f:id:roy-7303-pkbs:20200630144509j:image

朝から地元高槻の和菓子屋さんで購入してきました(^^)

 

明日から7月。

下半期はどんな年になる、するのでしょうか。

他人事のような言い方ですが、自分事。楽しみです☆

 

 

お問い合わせはこちらから。

お問い合わせフォーム - キモノ★キドキ

 

もしくは、

【連絡先】

 キモノ★キドキ

 東 沙織

 mail:kidoki.123.kimono☆gmail.com

(メール送信の際はアドレスの☆を@に変えて送信して下さい。)




 

 

梅干し 赤紫蘇を仕込む

市場で購入した枝付きの赤紫蘇500円。

f:id:roy-7303-pkbs:20200623124959j:image

気持ち良くシンクで寝そべっていますが、そろそろ活動していただきます。

 

【材料】

 ・赤紫蘇 2ワ

 ・粗塩 約大3

 ・白梅酢 約1/2カップ

 

①まず、枝から紫蘇の葉をちぎり、葉を綺麗に洗います。
f:id:roy-7303-pkbs:20200623124954j:image

そのまま畑から引っこ抜いてきたような土まみれの赤紫蘇。

 

②スッキリ綺麗に洗い終わったら、一度ザルにあげ水気をきり、大きめのボウルにザルの紫蘇を入れ、塩の半量を振ってしんなりとさせます。

f:id:roy-7303-pkbs:20200623180720j:image

 

③両手で押し揉みをし、黒く濁った水分(アク)が出てきたら水分を捨て、ボウルを洗って紫蘇を戻し、残りの塩を振って2回目のあく抜き。

アク抜きが終わったら固く絞った紫蘇を別の容器に入れ、白梅酢を1/2カップ程回し掛け、菜箸でほぐしていきます。
f:id:roy-7303-pkbs:20200623180728j:image

 

④白梅酢が紫蘇の赤色に染まりました!
f:id:roy-7303-pkbs:20200623180732j:image

 

⑤あとは、下漬け中の梅の保存瓶に紫蘇を全体に広げて載せ、赤く染まった梅酢を回し掛けます。
f:id:roy-7303-pkbs:20200623180724j:image

土用干しのその日まで、暗くて涼しい場所で待機していただきます。

 

このあと、枝付きの紫蘇をたまたま見つけ2瓶完了。残り2瓶はそのまま紫蘇無しにするか悩み中です。

f:id:roy-7303-pkbs:20200629085850j:image

いやはや、楽しい❤️

 

この日は空が綺麗でした。

f:id:roy-7303-pkbs:20200623125028j:image

 

娘と思わず玄関前で空を見てボーッとしていると、お隣さんが不思議そうに『どうしたん?』の一言(笑)

 

何も考えない時間は必要ですね。

娘があまり考えない方がピアノは上手く弾けて、かるたはバンバン取れると言っていました。

 

行動している人の言葉には説得力があります。

 

 

お問い合わせはこちらから。

お問い合わせフォーム - キモノ★キドキ

 

もしくは、

【連絡先】

 キモノ★キドキ

 東 沙織

 mail:kidoki.123.kimono☆gmail.com

(メール送信の際はアドレスの☆を@に変えて送信して下さい。)

 

 

まだまだ漬けます、レモンのお酒

義母から『沢山買ったから』とレモンのお裾分け。

f:id:roy-7303-pkbs:20200624091608j:image

梅干し用に購入したホワイトリカーがまだ沢山残っており、それならばとレモンのお酒を仕込んでみることに。

 

【材料】

レモン 700gほど

氷砂糖 200g〜300g

ホワイトリカー 1,200ml

 

①レモンの皮を剥く。無農薬であればレモンの皮も一緒に漬け込みたかったのですが、不明な為今回は果肉のみ使用します。
f:id:roy-7303-pkbs:20200624091605j:image

この白いワタと種が苦味の原因になるらしく、取り除きます。

 

②分量の氷砂糖を用意して、
f:id:roy-7303-pkbs:20200624091557j:image

 

③煮沸消毒した保存瓶に、レモンと氷砂糖を入れ、最後にホワイトリカーを注げば出来上がり。
f:id:roy-7303-pkbs:20200624091601j:image

 

氷砂糖が溶けた1ヶ月後くらいからが飲み頃のようです。

 

1ヶ月後といえば、夏真っ盛り。

七輪でお酒のアテでも焼きながら、さっぱり美味しく頂ける日を楽しみに❤️

 

雨の日を口実に、長年読みたかった『風の谷のナウシカ』を一気読み。

f:id:roy-7303-pkbs:20200625193001j:image

 

今日26日から劇場公開されるそうで、1984年に初公開されてから36年。

色褪せるどころか、何度見ても同じ場面で泣き、良いモノは時代を越えて受け継がれていくのだと思います。(梅干しと一緒!ってちょっと違うか(笑))

映画より、更に深く人間の在り方にまで突っ込んだ漫画版ナウシカ

雨の日のお供に、おススメです(^^)

 

みなさま、良い週末を☆

 

 

お問い合わせはこちらから。

お問い合わせフォーム - キモノ★キドキ

 

もしくは、

【連絡先】

 キモノ★キドキ

 東 沙織

 mail:kidoki.123.kimono☆gmail.com

(メール送信の際はアドレスの☆を@に変えて送信して下さい。)

 

 

梅仕事 梅干し作業は続くよ、どこまでも

朝からあまり得意ではない車の運転。

ザーザー振りの雨の中、駅まで主人を送り届け、せっかく車に乗ったのだし、と少し足を延ばしてスーパーへ。

f:id:roy-7303-pkbs:20200618164454j:image

陳列棚に残っていた梅、3パックをお買い上げ(笑)

 

早起きは三文の徳というほどではないにしても、何だか得した気分♪

青い梅がチラホラと混じっていたのでひとまとめにしてこちらは追熟。

f:id:roy-7303-pkbs:20200619123454j:image

残りの梅は早速梅干しの下拵え。

こちらは2瓶目。

f:id:roy-7303-pkbs:20200619123545j:image

翌日なので、すでに梅酢が上がってきています。

塩の濃度が18%あれば、梅酢が上がりやすく重しも不要とありました。

 

更にまたまた梅を購入出来まして、追熟に回したり、追熟完了後の梅を下拵えしたりと毎日梅に囲まれ、出来上がったのは梅干し2㎏×4瓶、梅シロップ1kg×2瓶の合計10㎏。

f:id:roy-7303-pkbs:20200625083755j:image

空の保存瓶もなくなり、今年の梅仕事は終了。

 

梅干し貯金や、もちろん梅干し予算も組んでいなかった為、今月はマイナス梅干し金額です。

あとは紫蘇やら、梅を干すザルなんぞも入り用です。

 

次年度以降、予算に入れて、更には少しでもお安く買える場所、まとめて購入できるルートなんぞを探していけたらと。

 

梅をもいで、そのまま購入できる農園もあるようなので、家族も巻き込んでそして、食育も兼ねて色々調べてみたいと思います。

 

家仕事はなにも母専売の仕事ではなく、家族で一緒にやれば早く沢山出来て、更には子々孫々まで受け継がれる立派な仕事。

こんな仕事を子供たちに残していきたいと、強く思います。

来年こそ、子供達と一緒に味噌作り。

 

やはり、家仕事は楽しい。

着物ブログですがね(笑)

 

 

お問い合わせはこちらから。

お問い合わせフォーム - キモノ★キドキ

 

もしくは、

【連絡先】

 キモノ★キドキ

 東 沙織

 mail:kidoki.123.kimono☆gmail.com

(メール送信の際はアドレスの☆を@に変えて送信して下さい。)