キモノ★キドキ

着物を着ること、食べること、衣・食・住にまつわる、あんなことやこんなこと。

自分を大事にしてみる 〜食べ物編〜

ピアノが少し停滞気味な娘。

先生が時間を作って下さり相談。

 

『治ったばかりのサイフォンなの❤️』と教室でサイフォン珈琲をいただきました(^^)

f:id:roy-7303-pkbs:20210113142542j:image
f:id:roy-7303-pkbs:20210113142538j:image

サイフォン珈琲もさることながら、珈琲の器も素敵❤

f:id:roy-7303-pkbs:20210113142633j:image

 

今まで順調だった娘のピアノのお稽古。

順調すぎたが故にここにきて大きな壁にぶつかり、

 

『弾けない!』=練習をしたくない

 

の悪循環。

 

思うようにならないもどかしさ、そもそも何でこんなにしんどい思いをしてまでピアノをしなければならないのか。

 

音大に行きたいわけでも、ピアノの先生になりたいわけでもないのに…。

と自問自答を繰り返す娘。

 

嫌いな習い事を、ただ親が指示するままにイヤイヤやることに意味はない。

とは私の考え。

でも、娘がやりたいといったピアノ。

ピアノが弾けないのは、弾けないのではなく、難しくなった楽譜が弾けないだけ。

これから大きな飛躍の為に必要な過程。

 

となると、

 

イヤ(弾けない)=辞める、自分には向いていない

 

ではなく、

 

イヤ(弾けない)=新しいことにチャレンジ出来るところまでやってきた

 

です(^^)

 

その思いは、先生と私も一緒。

そして、出来ないことを受け入れて、目の前のことを淡々と繰り返し続けていくこと。

 

その作業が『楽しくないのよねー(笑)』と先生。

でも、その楽しくない作業の先に、『今までとは違った、ビックリするくらいに気持ちの良い音が出せるようになるのよ』とこれまた先生。

 

今は目に見えなくとも、実感できなくとも、未来の自分の為にコツコツ貯金。

娘にとって初めての大きな壁。

逃げずに向き合って欲しいものです。

 

さて、こちらはそんな先生とのお話し後のお昼ご飯。
f:id:roy-7303-pkbs:20210113142534j:image

焼きそば。

 

毎日の贅沢がサイフォンで淹れる美味しい珈琲だと、とても嬉しそうに話されていた先生を見て、自分の為に自分でご飯を作りました。

 

 ・まな板と包丁を出して、野菜を切る

 ・フライパンを出して、野菜と麺を炒める

 ・味付けをする

 ・好きな器に焼きそばを盛り付ける

 ・かつお節を削って、青のり、紅ショウガと共にトッピングする

 ・食後は食器とフライパンを洗う

 

自分一人の為に、この工程。

毎日となるととっても邪魔くさくお味噌汁とご飯と納豆で充分ですが、自分の為に自分で手をかけてあげる。

 

『単なるお昼ご飯やん。』

と言ってしまえばそれまでなのですが、単なるお昼ご飯を楽しむのも、楽しまないのも自分次第。

 

たまには自分に手をかけてあげてみました。

 

だからといって、突然何かが変わるわけではありませんが、こんな普段の生活の何気ない事から日々の満足度は上がっていくような気がします(^^)

 

食べ物編としましたが、これでおしまいな気がしなくもなく(笑)

ただ、どの○○編に対しても言えることは、自分を大事に出来るのは自分だけです。

 

みなさま、良い週末を☆

 

 

◆体験コース90分1,000円、無料相談はこちら

【体験コース】と【無料相談】 - キモノ★キドキ

 

◆お稽古内容はこちら

【チラシ価格】着付けのお稽古 - キモノ★キドキ

【チラシ価格】フォーマルレッスン - キモノ★キドキ

 

◆お着付け料金はこちら

【お着付け料金】 - キモノ★キドキ

 

◆女袴単品のレンタルはこちら

【女袴レンタル】 - キモノ★キドキ

 

◆お問い合わせはこちらから

お問い合わせフォーム - キモノ★キドキ

 

もしくは、

【連絡先】

 キモノ★キドキ

 東 沙織

 mail:kidoki.123.kimono☆gmail.com

(メール送信の際はアドレスの☆を@に変えて送信して下さい。)

焼き銀杏

いつも美味しいものを届けてくれるご近所さんからの頂き物。

f:id:roy-7303-pkbs:20210105105132j:image

銀杏。

 

銀杏は独特の香りが苦手で、食べたとしても茶わん蒸しに入っている銀杏くらい。

そんな銀杏の苦手意識を払拭してくれたのは、焼いて食べる焼き銀杏。

 

ストーブで焼いて食べると美味しいと聞いて早速試してみたところ、これがビックリするほど美味しい!!

銀杏の木の下で銀杏を拾っている人の気持ちがやっとわかりました❤

 

あの独特な匂いは、

 

『こんなに美味しいものをやすやすやるわけにはいかん。

この匂い(臭いともいう)の試練に耐えれたものだけに授けてやろう』

 

と銀杏の木からの挑戦状のような気がします(笑)

 

何事も一面だけを見て決めつけるのは良くないですね。

 

勉強が苦手な息子に、ムキになって怒りがちな自分へ向けての戒めです(^^;

 

 

◆体験コース90分1,000円、無料相談はこちら

【体験コース】と【無料相談】 - キモノ★キドキ

 

◆お稽古内容はこちら

【チラシ価格】着付けのお稽古 - キモノ★キドキ

【チラシ価格】フォーマルレッスン - キモノ★キドキ

 

◆お着付け料金はこちら

【お着付け料金】 - キモノ★キドキ

 

◆女袴単品のレンタルはこちら

【女袴レンタル】 - キモノ★キドキ

 

◆お問い合わせはこちらから

お問い合わせフォーム - キモノ★キドキ

 

もしくは、

【連絡先】

 キモノ★キドキ

 東 沙織

 mail:kidoki.123.kimono☆gmail.com

(メール送信の際はアドレスの☆を@に変えて送信して下さい。)

シワになりにくいウールの着物と鏡餅

初出勤の着物はウールの着物。
f:id:roy-7303-pkbs:20210108153622j:image

 

【着物】ウールの着物(ヤフオクで1,000円程の反物をお仕立てに出したもの)

 

【帯】リサイクルの名古屋帯

 

【着物下】モスリン長襦袢無印良品の七分袖Tシャツ、シルクのステテコ、

ウールのレッグウォーマー

 

【足袋】別珍足袋、シルクの5本指靴下

 

ウールの着物はシワになりにくく、普段気にはもってこいの着物です(^^)

ただし、ウールなだけあって虫さん的には大好物な素材ですので、シーズンが終わっての保管方法は防虫対策が必須です。

 

さて、そんな毎度のことながらのカジュアル着物で出かけたところ、やけに下半身がスースーするなと思ったら、東スカートをはき忘れていました(^^;

『しっかりしているようで、どこか抜けている。』

母からよく言われた言葉です(笑)

 

さて、こちらはカッチンコッチンの鏡餅

f:id:roy-7303-pkbs:20210113140048j:image

鏡開きは関東は1月11日、関西は1月15日か20日頃が大半のようですが、今年はなんとなくゾロ目の1月11日に。

 

お餅をお水に浸して柔らかく。

f:id:roy-7303-pkbs:20210113140329j:image

 

あとはレンジにかけてお餅を柔らかくしたらば、余すところなくすべてお雑煮に。

歳神様の力を頂きます。

 

小さい頃は、行事ごとの決まり事やそもそもそれをすることに何の意味があるのかと思っていましたが、今になって気づくことが沢山あります。

 

その時は分からなくても、ひとまず型通りに体感、経験する事。

 

それが分かる、腑に落ちる時はいつになるかは分かりませんが、体に染みついた何かは必ず気付きをもたらし、自分を作る要素の一つに。

 

着物も同様に、最初は何がどうなっているのか、これをするとどうなるのか、分からないままでもひとまず型通り、真似して着てみること。

 

何回やっても思うようにいかなかったり、そもそも覚えられなかったりでヤキモキすることもあるかと思いますが(私はずっとヤキモキしていました(笑))、ある日突然、腑に落ちる時が必ずやって来ます。

それがいつになるかは分かりませんが、それでも、それを信じて続けてみる

 

鏡餅から話しは大きくそれてしまいましたが、なんとなく着物に落ち着いたので良しとします(笑)

 

 

◆体験コース90分1,000円、無料相談はこちら

【体験コース】と【無料相談】 - キモノ★キドキ

 

◆お稽古内容はこちら

【チラシ価格】着付けのお稽古 - キモノ★キドキ

【チラシ価格】フォーマルレッスン - キモノ★キドキ

 

◆お着付け料金はこちら

【お着付け料金】 - キモノ★キドキ

 

◆女袴単品のレンタルはこちら

【女袴レンタル】 - キモノ★キドキ

 

◆お問い合わせはこちらから

お問い合わせフォーム - キモノ★キドキ

 

もしくは、

【連絡先】

 キモノ★キドキ

 東 沙織

 mail:kidoki.123.kimono☆gmail.com

(メール送信の際はアドレスの☆を@に変えて送信して下さい。)

【高槻】神峯山寺の解説付きのおみくじ

 

福笹を頂きに、混雑を考慮して三が日を外して地元高槻の神峯山へ。

f:id:roy-7303-pkbs:20210105155937j:image

 

ところが三が日にしか福笹に付けるお飾りは販売しておらず、今年は福笹のみの購入。(寅さんは付いておりました。)

f:id:roy-7303-pkbs:20210105212416j:image

 

本堂でお参りを済ませ境内を一巡。f:id:roy-7303-pkbs:20210105160020j:image

 

以前から気になりつつも引いたことのなかったおみくじを息子と引いてみました。(主人と娘は神社で大吉を引いたので引かず。)

kabusan.or.jp

 

神峯山のおみくじは漢詩で書かれており、判読不可能です。

ですが、その判読不可能なおみくじを僧侶の方が読み上げ、丁寧に解説して下さいます。

 

神峯山寺のおみくじは、江戸時代より伝わる版木で今も刷られている、神峯山寺オリジナルのおみくじです。

全部で32通り。

大吉から大凶まで万遍なく納められています。

当然、大凶を引く機会も均等に発生しますが、肩を落とす必要はありません。おみくじの内容は、あくまで参拝者に「気づき」を与えるためのもの

日常生活でふと忘れていることや、不摂生、不義理などに気づき、より豊かな人生を送るために自らを戒め、気持ちや生活を改める機会を作ることが、おみくじ本来の目的だと神峯山寺は考えています。

 

【出典元:大阪 高槻 神峯山寺のおみくじ | 日本最初毘沙門天 大阪府高槻市 神峯山寺

 

以前は対面での開設でしたが、コロナ禍で対面ではなくお堂の横に設置されたパソコンの画面を通じての解説でした。

f:id:roy-7303-pkbs:20210105160025j:image

 

まずは自分が引いたおみくじの番号を伝え、その番号が書かれた台帳のようなものを僧侶の方が開いて、漢詩を読み、その内容を解説して下さいます。

 

息子の解説内容は『努力』という単語が聞こえたと、主人と娘。

『忍耐、継続、努力』が大の苦手な息子には大きな試練の年となることでしょう(笑)

 

さて、私ですが私も試される年のような気がします。

山頂にある宝物が欲しければ、どれだけ険しい山だろうが山の麓で待っていても手にすることは出来ず、登るしかありません。

 

山頂に登る方法は色々ありますが(山頂まで一気にヘリコプター、誰かに背負ってもらう等々)、いずれにせよ、自分で考え行動しなければ宝物を手にすることは出来ず、自分がどうしたいのか、どうありたいのかを再確認する必要がありそうです。(薄々と気付いてはいたのですが(^^;)

 

着物以外のことが多いブログですが、改めまして、これからもよろしくお願い致します☆

 

 

◆体験コース90分1,000円、無料相談はこちら

【体験コース】と【無料相談】 - キモノ★キドキ

 

◆お稽古内容はこちら

【チラシ価格】着付けのお稽古 - キモノ★キドキ

【チラシ価格】フォーマルレッスン - キモノ★キドキ

 

◆お着付け料金はこちら

【お着付け料金】 - キモノ★キドキ

 

◆女袴単品のレンタルはこちら

【女袴レンタル】 - キモノ★キドキ

 

◆お問い合わせはこちらから

お問い合わせフォーム - キモノ★キドキ

 

もしくは、

【連絡先】

 キモノ★キドキ

 東 沙織

 mail:kidoki.123.kimono☆gmail.com

(メール送信の際はアドレスの☆を@に変えて送信して下さい。)

普段キモノ 防寒対策バッチリでスーパーへ

風がビュービュー吹きすさぶ中、歩いてスーパーへ。

f:id:roy-7303-pkbs:20210107153821j:image

 

【着物】ウールの着物(ヤフオクで確か1,000円程だったかと)

 

【帯】博多織の半幅帯

 

【着物下】モスリン長襦袢、東スカート、無印良品の七分袖Tシャツ、シルクのステテコ、レッグウォーマー

 

【足袋】別珍足袋、シルクの五本指靴下

 

【装飾品】肘まですっぽり隠れるアームウォーマー、フェイクファー

 

 

よく

『着物は寒くないの?』

と聞かれるのですが(ちなみに今日も聞かれました(笑)、更に夏は『暑くないの?』と聞かれます(笑))、

 

着物は首・脇・手首・足首は肌が露出する箇所ですので、そのままだと間違いなく『寒い!』です。

 

逆に言えば、その箇所を寒さからロックオン!してあげれば、着物は空気の層を纏うように幾重にも布が重なり合う衣服。

想像している以上に寒くは、ないです。

 

ただ、ダウンジャケットのように、『一枚で着て暖かい!』ではなく、ここが洋服と着物の異なる点かと思います(^^)

 

さてさて前置きが長くなりましたが、そんな思った以上に寒くない着物の種明かし。

 

まずは下半身。

 

着物の下にレギンスを履く方も多いのですが、私は着物に限ってはどうにも肌にピッタリと密着する感じが苦手で(洋服であればレギンスOKなんですけどねー)、年中シルクのステテコを愛用しています。

 

ただそれだけだと真冬は寒く。

ですので、足袋の上から膝が隠れる長さのウールのレッグウォーマー無印良品)を履いていますが、まぁこれが暖かいのなんのって❤

おススメです。

 

さて、お次は足袋。

そのままだと寒いので、別珍足袋とその中にシルクの薄手の5本指の靴下を履いています。

 

f:id:roy-7303-pkbs:20210108161035j:image

 

これで、通常の足袋を履くよりは暖かくはなりますが、その分嵩が張る為草履の鼻緒が伸びる可能性があります。

もしくは、草履がそもそも入らないこともあり得ます。

私は冬用の草履と決めて、少し緩めの鼻緒の草履を一足用意しています。

 

下半身は以上。

 

お次は上半身。

首、脇、手首ですね。
f:id:roy-7303-pkbs:20210107153816j:image

 

先程の写真よりアイテムが一つ増えました。

首に巻いているフェイクファー。洋服用のモノを兼用しています。

これで首回りの防寒対策はバッチリ。

 

そして、お次は手首。

はめているのは手首はおろか指の第二関節までスッポリなアームウォーマー。

脇は無印良品の七分袖Tシャツで防寒。

 

これで出ているのは顔面だけです(笑)

 

これに、道中着を着て徒歩10分程のスーパーで行ったらば、帰りはポカポカでした(^^)

防寒だけでなく、適度な運動も必要ですね♪

 

そんな日のお昼ご飯はホームベーカリーで焼いた小麦粉と大豆粉のパン。
f:id:roy-7303-pkbs:20210107153813j:image

 

まだ給食が始まっていない娘が傍らで目玉焼きとベーコンを焼いてくれました。

その下にはスライスチーズ。

これにレタスがあれば文句なしですが、昨晩食べてしまって無いのでこれでよし(^^)

切ったリンゴにブルガリアヨーグルトを乗せて、簡単なお昼ご飯の出来上がり。

 

普段私一人の質素なお昼ご飯と比べれば充分過ぎるくらいのお昼ご飯。

 

食べること・住むこと・着ること・寝ること

 

私にとってはどれも大切で、どれも大切にしたいもの。

そして、この大事なモノが満たされれば楽しく生きていけることが明確になってきたここ最近。

 

これにプラス、『めっちゃ働くのが好き!』な私の星周りが上手く絡んでくると最高なのですが、今は自分が選んだ道を後ろを振り返らず前を見てコツコツと。

と思いつつも『あのまま働いていたら・・・。』と思わないこともないのですが、まぁ勝手なモノです(笑)

 

週末は三連休。

みなさま良い週末を☆

 

 

◆体験コース90分1,000円、無料相談はこちら

【体験コース】と【無料相談】 - キモノ★キドキ

 

◆お稽古内容はこちら

【チラシ価格】着付けのお稽古 - キモノ★キドキ

【チラシ価格】フォーマルレッスン - キモノ★キドキ

 

◆お着付け料金はこちら

【お着付け料金】 - キモノ★キドキ

 

◆女袴単品のレンタルはこちら

【女袴レンタル】 - キモノ★キドキ

 

◆お問い合わせはこちらから

お問い合わせフォーム - キモノ★キドキ

 

もしくは、

【連絡先】

 キモノ★キドキ

 東 沙織

 mail:kidoki.123.kimono☆gmail.com

(メール送信の際はアドレスの☆を@に変えて送信して下さい。)

【プランター農園】かぶで七草がゆならぬ・・・

寒くて少し放置気味のプランター(^^;

それでも植物の生きる力は強く、小振りながらもカブの収穫です。

f:id:roy-7303-pkbs:20210105105124j:image

カブというより、ラディッシュのようなサイズ感(笑)

f:id:roy-7303-pkbs:20210105105128j:image

 

このカブを使って今晩は七草がゆ

 

せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな(カブ)、すずしろ(大根)の七草を使って、今年一年の無病息災を願います。

七草がゆの日は五節句の内の一つ。

 

五節句

 ・人日/じんじつ (1月7日)

 ・上巳/じょうし (3月3日)

 ・端午/たんご (5月5日)

 ・七夕/しちせき (7月7日)

 ・重陽/ちょうよう (9月9日)

 

次は雛祭りの3月3日ですね。

私はマメではないですが、子供達に日本人の心のようなものを節目節目で伝えていければと思います(^^)

 

と言いながら、7日の当日に近所のスーパーに行ったらば軒並み売り切れ・・・。

どうにかせりだけをゲットして、七草粥ならぬせり、すずな、すずしろの三草粥(笑)

f:id:roy-7303-pkbs:20210107150859j:image

 

これで無病息災を願うのは、図々しいかもしれませんね(^^;

 

何はともあれ、節目節目の行事で心機一転。

お次は注連縄を外して、とんど焼き。

鏡餅を使って鏡開きもありますね。

 

特別なことは出来なくとも、日々の生活で大切に受け継がれた日本の伝統や生活の知恵を思い出し、次へ繋いでいくこと。

 

こんな時だからこそ日々の生活に楽しみを見出していくことは、自分の心と生活に彩りを与えてくれる大切な事のように思います(^^)

着物も良いですよ♪

 

 

◆体験コース90分1,000円、無料相談はこちら

【体験コース】と【無料相談】 - キモノ★キドキ

 

◆お稽古内容はこちら

【チラシ価格】着付けのお稽古 - キモノ★キドキ

【チラシ価格】フォーマルレッスン - キモノ★キドキ

 

◆お着付け料金はこちら

【お着付け料金】 - キモノ★キドキ

 

◆女袴単品のレンタルはこちら

【女袴レンタル】 - キモノ★キドキ

 

◆お問い合わせはこちらから

お問い合わせフォーム - キモノ★キドキ

 

もしくは、

【連絡先】

 キモノ★キドキ

 東 沙織

 mail:kidoki.123.kimono☆gmail.com

(メール送信の際はアドレスの☆を@に変えて送信して下さい。)

遊び心を大切に

あっという間の冬休みも終わり、今日から日常生活の始まり。

 

遊び心満載の家族たちは思い思いに過ごしておりました。

クリスマスに作ったタルトが上手くいって得意げな主人と娘は、新年早々タルト作り。

f:id:roy-7303-pkbs:20210105160053j:image

もちろん私は食べる係一択(笑)

 

こちらは変わって冬休みの最終日にまで溜まりに溜まった宿題を放置していた息子。

宿題に嫌気がさして、一円玉でご覧の通り。
f:id:roy-7303-pkbs:20210105160057j:image

テーブルいっぱいに瑛人の『香水』の歌詞(笑)

 

私にはない遊び心を思う存分に発揮して、束の間の休みを堪能していました。

 

それに引き換え私はというと、遊び心とは無縁の

 

『出したら仕舞う!』

『早く片付けなさい!』

 

のオンパレード(^^;

一緒に過ごす時間が長いからという大義名分の元、いつにも増して家族への監視モード炸裂。

 

・・・いけませんねぇ~。

分かってはいるものの、なかなか変えられない自分。

でも、自分を変えることが出来るのは自分だと気付いた自分だけ。

 

頭でこねくり回してばかりせず、実践あるのみです。

着物も実践あるのみ。

自分でたくさん着るのが、上達への最短方法。

 

『お正月に子供達と着物を着て遊んでました❤』

とお稽古に来て下さっているKさんから連絡をいただき、遊びを上手に取り入れながらも着物の練習。

着付けに関する新たな疑問点が出てきたそうで、来週から始まるお稽古がすでに待ち遠しく(^^)

 

イヤイヤするのではなく、心の余白に持つ遊び心。

大切ですね。

こうして、周りの人に気付きを頂きながらお稽古が出来る環境に感謝です☆

 

遊び心を大切に☆(←自分への戒め(笑))

 

 

◆体験コース90分1,000円、無料相談はこちら

【体験コース】と【無料相談】 - キモノ★キドキ

 

◆お稽古内容はこちら

【チラシ価格】着付けのお稽古 - キモノ★キドキ

【チラシ価格】フォーマルレッスン - キモノ★キドキ

 

◆お着付け料金はこちら

【お着付け料金】 - キモノ★キドキ

 

◆女袴単品のレンタルはこちら

【女袴レンタル】 - キモノ★キドキ

 

◆お問い合わせはこちらから

お問い合わせフォーム - キモノ★キドキ

 

もしくは、

【連絡先】

 キモノ★キドキ

 東 沙織

 mail:kidoki.123.kimono☆gmail.com

(メール送信の際はアドレスの☆を@に変えて送信して下さい。)